ECサイトでは滞在時間も重要です

ECサイトでは滞在時間も重要です ECサイトの価値を考える際にPVなどを参考にする方が多いのですが、さらに滞在時間もしっかりログをとりチェックしたい項目です。
ECサイトの価値では商品が売れるかが重要ですが、オンラインショップの場合、滞在時間が短い場合は売れない、もしくは固定商品しか売れないケースが多くなります。
ECショップを継続させるためにはまんべんなく売れることも必要です。
そこで滞在時間のチェックとなります。
このチェック項目は検索エンジンでは分からない部分であり、ログをしっかりチェックすることになりますが、ログからの判断が難しい場合には各種広告サービスが提供するログの確認サービスなどを利用するとUIで見やすく表示されるのでチェックしやすくなります。
滞在時間についてはPVとは別なサイトの作るポイントがありますので注意が必要です。
特に商品説明を確認する際に文字数を増やせば良いということはなく、適切な図柄の使用などトータルでのサイトの価値がものをいいます。

ECサイトの表示速度改善の方法

ECサイトの表示が遅い、バケットにものが入りづらいなど不具合ではないけども使い勝手が悪い場合には2つのことをすると改善されるケースが多いです。
ECサイトで表示速度が遅い理由は2つあります。
1つはデータベース、2つ目はWebサーバです。
データベースについては複雑なSQL文を発行しているために処理が遅くなるケースが多いので開発においてSQL文、特にBegin文以降などの構文チェックをしたいところです。
場合によってはデータベースの分散化などの処理が必要になることがあります。
ウェブサーバについても多数の同時アクセスがあった場合に表示速度が遅くなるケースが多いですが、Webサーバの設定を初期設定のままにしているケースが多く、サーバのメモリ状況に合わせて適切な設定をし直すと改善されるケースが多くあります。
また、初期設定はデータベースでも起こりえますので各種設定はハードウエアに適したものにしなくてはなりません。