ECサイトの調査方法について

ECサイトの調査方法について 内外のECサイトを調査するには2つの方法がよく利用されます。
1つは検索サイト、2つ目はSNSを利用します。
ECサイトの調査で重要なのが知名度です。
たくさんの商品を扱っていても知名度がなければお客様はいらっしゃいません。
そのため、検索サイトでどの程度のページで表示されているかが重要です。
1ページ目に期待されるキーワードで表示されるようなECサイトの場合は知名度がかなり高いと考えても良いです。
多くのお客様が検索サイトを利用しますのでページが若ければ若いほどPVが上がり、サイトの価値は高いと考えてよいです。
2つ目はSNSです。
SNSの場合は継続的なPVというよりは、紹介された際の爆発力が重要です。
FacebookやTwitterなど引用やリツイートでECサイトやサイト内の商品が紹介されれば売上に直結するPVが期待できます。
そのため、各種SNSで検索条件を駆使してどの程度紹介されているのかチェックしておくと良いです。

ECサイトの評価方法のいろいろ

ECサイトは商品が売れれば良いサイトという考え方が多いですが、実際の店舗同様、立地条件やお客様の数、滞在時間など実店舗と同じような評価をすることが多くなっています。
ECサイトの評価ではPVがよく利用されます。
検索サイトやSNSからの誘導がしっかりできているかをチェックできますし、特にSNSからの紹介がどの程度できているかは検索サイト以上にお客様を集める基準ともいえます。
また、PV以外に重要視されてきているのが滞在時間です。
ウェブサイトの場合、PVがあればそれで十分と考えがちですが、オンラインショップの場合はさまざまな商品を見てもらえるかも重要な視点の一つです。
PVが多くても売上が伸びないようなサイトの場合は滞在時間が短いのが原因であることが多いです。
滞在時間については商品の説明、図、写真の多さなどさまざまな要素が関係してきます。
特にお客様が1箇所の商品しかみていない状況はサイトの価値をあげづらくなりますので注意したいところです。