ECサイトの作り方

ECサイトの作り方 ECサイトとは電子商取引のサイトを指し、企業や自社の商品やサービスをネット上で販売する方法を言います。
よく知られているところではオンライン書店やネット銀行、ソフトウェアのダウンロード販売などがあります。
ECサイトの開設にあたって一番簡単な方法はショップ独自のドメインやレンタルサーバー、ショッピングカート、決済の方法等が最初から備わったところを利用する方法もあり近道となります。
自作する場合の作り方としてはサイトの名前をまず決める必要があります。
その場合は商標登録されていたり類似のものはないか調べることが大切です。
目標を決めることも大切です。
売上げをあげたい場合には大手のショッピングモールへ出店するという方法もありますが、すぐに始められる替わりにコスト負担が大きくなることも考えられます。
自社で始める場合には時間がかかることの覚悟も必要となります。
無暗に取扱商品の種類を拡げるよりは何のサイトなのかをはっきりさせることも大切です。
運営に当たっては経験や能力、知識を必要とします。
よってこれを1人でカバーすることは難しいと考えて良いものです。
費用としてはカートの利用やサーバーのレンタル料金、受注管理やデザイン、その他にコールセンターの利用や物流システム利用、写真撮影費などの費用と更新その他の運営費もかかってきます。
作り方では無理な部分は委託するのが適切なものです。

ECサイトを無料で作るオープンソース5選

楽天やアマゾンのような商品の販売を行っているサイトをECサイトと言います。
ECサイトでは、商品を売れるように文章の作成であったり、キレイな写真を撮ったり加工して掲載することによりサイトを訪れたユーザーに商品を買って貰うようにする必要があります。
また、サイトを作る上でWebデザイナーやそれを構成するHTMLやCSSで構築するコーダーのような知識が必須ではありませんが重要な知識として関わってきます。
ECサイト構築のオープンソースとしておすすめのもの(無料)をご紹介します。
1.EC-CUBEです。
国内シェア1のオープンソースで自由度が高いデザインでネットショップを開くことができます。
日本語機能も備わっています。
2.osCommerceです。
日本語機能も備わっていて、デザインテンプレートも豊富に準備されています。
3.Zen Cartです。
これも日本語機能が備わっていて、有名なEC構築サイトの1つです。
4.PRESTA SHOPです。
多言語対応されているため、海外向けのショッピングサイトの構築に向いています。
5.Live Commerceです。
ソーシャルアカウントによるログインが可能な上、スマートフォンに対応するサイトも構築できます。
以上、ECサイトを無料で作るオープンソース5選でした。