ECサイトでの素材はとても大事です

ECサイトを学ぶ ECサイトの構築には、素材が必要不可欠です。
アイコンや背景が違うだけで閲覧者を増やすことも減らすこともできます。
人を惹きつける素材の活用が重要になるのですが、あまり目を惹くものばかりを配置しても意味がありません。
素材同士が喧嘩をしてしまい、何を伝えないECサイトなのか判別できなくなってしまいます。
サイト内で何をメインに紹介したいのか、何を売っていきたいかを明確にした上で配置をすると良いです。
 ECサイトで使う素材はネット上にある様々な場所で入手できます。
フリーのものであれば、個人が運営しているブログやホームページ上で入手できます。
有料なものであれば専用ページから入手できます。
フリーのものでも人を惹きつけることは可能なので活用してみると良いでしょう。
また配置にも注意が必要です。
的はずれな部分にアイコンの配置をしても意味がなく、サイトに合わない背景を設定しても意味がありません。
閲覧者が商品を購入したいと思うサイト作りが大切です。
 

ECサイトのトップページの役目について

SNSや検索サイトが盛んに使われているのでECサイトにやってくるお客様がトップページを見ずに買い物を完了させるというケースが多くなっており、トップページを以前ほど力を入れていないサイトも多いようです。
しかし、ECサイトでは特にトップページが重要でもあります。
サイトの顔としての価値の他に商品を適切に探してもらえる方法としても重要だからです。
ECサイトで扱う商品は増加傾向にあり、検索サイトやSNSで1商品ごとに紹介してもらったとしても、商品の説明がよければトップページに来店してくれる可能性が高くなっています。
そのため、各商品ごとにサイトの価値を高めることが重要ですが、サイトの顔とも言えるページにおいても価値を高めることが必要です。
特にこれまでカテゴリやお店紹介などしかやってこなかったECサイトの場合はおすすめ商品や店長自身の紹介などお客様が興味をさらにもってもらえるページにすることで他の商品も見てもらえるチャンスとなります。