ECサイトに関するメリットとデメリット

ECサイトを学ぶ ECサイトとはインターネットを使用し、商品やサービスを独自運営によって販売するサイトのことです。
ECとはエレクトロニックコマースの略で、日本語で言えば電子商取引になります。
ECサイトの運営側のメリットとしましては、販売エリアを全国に広げられることです。
また、少ない資本で始めることができ、年中休みなく自動稼動しています。
顧客側のメリットとしましては、昼夜を問わず好きなタイミングで買い物をすることができる点と、店まで足を運ぶ必要がない点があります。
ECサイトの運営側のデメリットとしましては、類似した商品を扱うネットショップなどの業者が、すべてライバルとなり価格競争が生じやすいということがあります。
また、集客のためのコストがかかるという難点もあります。
顧客側のデメリットとしましては、相手が見えないため不安感があるという点と、配送料を含めると金額が高くなるケースがあるという点です。
このようなデメリットがありますが、総評としまして運営側にとっても顧客側にとっても、非常に便利なシステムだと言えるでしょう。
近年では、インバウンドマーケティングの重要性が高くなってきています。
インバウンドマーケティングとは、検索エンジンなどを介し顧客が自発的に欲しい商品などを探すというマーケティング手法です。
こういった新しい手法に対しても、ECサイトは一役買うことになります。

最新のECサイトサービス

ECサイトはインターネット初期から存在しているとも言われている古いサービスですが、年々使い勝手、デザイン性、柔軟性、堅牢性などサービスを利用するためのさまざまなポイントでレベルが上がってきています。
多くのECサイト用のソフトウエアはオープンソースになっており、改良が日々行われているのも特徴ですが、最新のECサイト構築ソフト、サービスはクラウドにも対応し、コスト面でも利用しがいのあるサービスにレベルアップしています。
最新のECサイトは従来のレンタルサービスのようにCPUやメモリなどを事前に1ヶ月分などのように買う必要がありません。
必要に応じてCPUやメモリが増減するので利用出来る料金の上限を決定しておくだけでよくなりました。
CPUやメモリなどのプランが固定ではないのでPVが極端に減る深夜には裁定レベルまで落とし、SNSや各種広告でPVが増えるタイミングでは自動でCPUなどが増加して販売する機会を失いません。
クラウドはサーバ周りをチェックする必要がないのも利点です。
各種コストは相対的にレンタルサーバの時より下がることが多いですし、なにより、難しいことが多い各種サーバの設定がいりませんのでサーバのことを気にせずサービスを利用できます。

ECサイト構築のおすすめサイト

Drupal(ドルーパル)開発・WEB制作・ショッピングサイト構築なら

英語のECサイトを構築